留学中にやった勉強内容やらの報告

こんにちは、3週間の短期留学から無事に帰国したkazuです。

3週間という短期間でしたが、勉強時間累計は234.5時間でした。合間の単語学習なんかは計算に入れてないです。

結構勉強した方じゃないでしょうか(笑)留学先では発音矯正とSWの授業をメインで受けていました。発音は効果があったようです。(自分ではあまり実感出来ていません)そのスピーチを聞いていた人には良かったとか言われたのですが・・・スピーチを見直してがっかりしたので個人的にはまだまだだと思います。

さて、TOEFL対策で使った教材の紹介です。


まずReadingは

Z会 受験英語からのTOEFL TEST iBTリーディング
Z会 受験英語からのTOEFL TEST iBTリーディング

TOEFLの対策本は洋書の方がクオリティーが高いです。が、不安だったので日本の物を買いました。個人的には問題の量は十分、ただ回答の説明やなんでこれ正解?というのがいくつかありました。それに目をつぶれば訳も付いてますし、Readingの入門としては良いと思います。自分は現在2週目にトライ中です。TOEFLを初めて受ける&勉強する方や洋書にチャレンジする自信が無い方にはうってつけの本だと思います。これに公式模試があれば十分でしょう。


Listening

TOEFL TEST対策iBTリスニング

非常にレベルが高いと思われるTOEFL iBT Listening用の和書です。何のレベルが高いってまず長い。10分Overとか普通にあります。本番は5分前後なので倍近い長さがあるわけです。しかも使われている語彙はTOEFL3800のLEVEL3&4や英検1級レベルの語彙がバンバン出てきます。語彙力が不足していたらまず聞けないと思います。TOEFLの本番より、話す速度は速いかな?と感じます。この本はTOEFLというよりTOEFLを土台にその先へという感じの本だと思います。この本をしっかりとやり込んでいけば使えるListening力が付くのではないかと思います。

実際TOEFLはこんなに難しくない、なんて意見があるのも分かる参考書なのですが、留学したらTOEFLよりどう考えても大変ですから(笑)これくらい自分に負担をかけても良いと思います。ただ、この本は準備期間が十分にある人にお勧めします。余裕が無い人には量的にも多すぎる気が・・・

量&内容などから充実のボリュームで個人的にはオススメの1冊です。難しくてやればやるほど自信を削がれますが←


Writing

オススメの1冊。TOEFLに限らず幅広く使えるWritingの参考書です。ものすごく良い参考書というのは分かりますが、自分はまだまだこの本を十分に活用できていないと思っているのでリトライしようかとおもっています。演習量が少し少なめだと思うので、これで基本的な書き方を学んだら洋書等で量をこなしていく方法に移行すると良いと思います。

英検1級英作文問題

英語好きさんも紹介されていた英検1級の英作問題集です。TOEFL用ではないのですが、Essayとはなにか、その書き方や展開の仕方が丁寧に説明されています。難易度的にはTOEFLのWの方が難しいと思いますが、英検1級のWの量や難易度は丁度良いと思います。今までちゃんとWの勉強をしたことがない!という方はこれにトライした後に上記の参考書へ移行しても良いかもしれません。オススメです。


Speaking

TOEFL TEST対策 iBTスピーキング

日本人が最も苦手とするSpeakingの対策本です。和書なので解説もしっかりと理解できて良いと思います。問題の量・質ともに良質だと感じます。また、モデルアンサーの質がかなり高いと感じました。他の対策本も持っているのですが、この本にトライした後にその本のモデルアンサーをみると、「え、こんなんでいいの!?」という回答が多かったです。もちろん、それでも満点が出るのかもしれませんが、出来るだけ高みを目指していきたい、TOEFLのその先へ意識を向けている人にはこれにチャレンジして欲しいです。自分はほとんど終わったのですが、相変わらずスピーキングがダメダメで足を引っ張るのが目に見えているのでもう一周したいと思っています。


個人的にはやはり和書が安心でした(笑)洋書をやる自信が無かっただけなんですが・・・

今のところ洋書はETSの公式対策本だけですね。本番1週間前になったら公式をやり込もうかなと今のところ考えています。

勉強時間を相当確保出来たことは間違いないのですが、あんまり力が伸びたという感覚はありません。むしろ変化したのかな・・若干不安になっている部分すらあります。それを次回のTOEFLで結果として確かめられたらなと思います。

あ、英検申し込まなきゃ・・・高いですよね受験料。英語系試験にいくらつぎ込んできたんだろう(白目

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中