初IELTS講座感想&TOEIC模試P1-5通してやってみた

こんばんはkazuです。大学生活を通して初めて寝坊、授業に間に合いませんでした。厳密に言えば寝坊自体は数回していますが、いつも相当余裕を持って起きているので授業には間に合ってたんですね。なのに今日はミスが重なりました。

「うわ、もう8時20分じゃん!」→「まぁでもあの授業毎回教授来るの遅いし大丈夫かぁ」→数分後→「その授業4限だわ。1限は授業参加出来なくなるヤツ!」→遅刻!

という感じです(笑)仕方ないです。授業開始後15分に学校に到着。もう参加出来ないので諦めて図書館に行ってTOEICやってました。みなさんも無意識のうちにアラームを切らないようにね!


さて今日は初めてのIELTS講座でした。まぁ初回なのでイントロダクションでしたね。本格的には授業始まってないです。今回はIELTSのテスト形式やらテクニックの説明でしたね。まぁ問題先に読めよとか分からなかったらGuessして埋めろ、当たるかもよ〜と言ってました(笑)Leave blank? No!みたいな。

全7回なのであと6回です。教材はBritish councilからの提供なんですが、前期と使い回しですね(笑)友人が前期に取っていて、そのときに見た問題と同じでした。初回の雰囲気から今後の展開を考えるとどうなるのか若干の不安がありますが・・・

全体のレベルとしてはどうなのかまだ判断できませんけどね。講師がネイティブなので勉強してて分からないことがあったら聞いたりしようかなとは思います。特にWritingの表現なんかはPerfectな回答が得られると思われます。使えるときに使いましょう(笑)

今回感じたことは、発音矯正をしただけあって多分自分の発音は周りよりも確実に良いということですかね。近くのメンツと自己紹介してね!という流れでしたんですが、R/Lの発音もそうなんですけど全体的にカタカナっぽいなぁと感じました。自分はいつもカタカナっぽさが抜けないなぁと思っていたのですが、こうして比較してみると成長したなぁとか自分の方が良いなというのが分かりますね(^o^)

留学中にした締めのスピーチのDVDがあるのですが、ちょっと見て「うわぁぁぁ発音クソだ」と思ったくらいの発音なんですけどね〜

IELTS講座編終わり。どうでもいいですけどIELTSって字面格好いいですよね。ロボットとかアニメに出てきてもそのまま行けそうです(笑)


おまちかねのTOEIC編ですよ。

えっとですね〜先にP5であり得ない凡ミスをしたのでまず戒めます。

・thanがあるのに比較級を選ばなかった

・選択肢にdepend/depends/depending/dependedがあり、主語を見た瞬間に三単現だからsだわーと文構造を一切確認せずにdependsを選んだ

この2つです。しかも前回解いたときには正解しているレベルの問題だと思われます。やってしまいました・・・

しっかり確認をすると宣言しておきながらやらかしました。間違いを発見したときに自分を殴りたくなりましたね(笑)

それ以外はListeningで1問だけミスをしました。聞いてなかったです。ぼーっとしてました。2択まで絞り込んで外しましたっ☆

ただ自分でもちょっと心配だったんですが、一切先読みしなくてもいけるんですね。今回からは宣言通り一切の先読みをせず、Listeningを全て聞いてから、アナウンスに従って問題を解いています。

99問正解ですからね。本番は先読みを解放するので正答しやすくなると思います。

文法もつぶせるミスです。

なので今のところなくせるミスが3つ。つまり犯したミス全てです。P6/7を頑張れば990いけますかね〜?

自分の心の中

L全問正解いける

R全問いけるんじゃない?

満点狙えるじゃん!?

ってなってます。本番どうなるか分からないんですけどね。最近はP1が難化しているという話しやP5も重箱の隅をつつくような問題が出ていると聞いていますので・・・まぁそれでもしっかりとした実力があれば満点を取れるんでしょうけど。あとは集中力ですかね。慣れた会場が良いですね〜。

TOEICのスコアを更新したいです。スコアいくつって聞かれて870って言うの嫌なんですよ。中途半端に感じてしまいます。まぁ900取ったら多分90点も落としてるとか思うだろうし、970とかでも後20点くらい取れよwって自分は思うんだと思います。そういう性格です(笑)

「もうTOEICのスコア要らなくない?」なんて友人に言われたりしますが、もはや自分との戦いなので関係ないです。納得するまで続くのです。今回は1年ぶりということとスコア制と言うことで進歩を感じられる久しぶりのテストということで(英検?なんですかそれは)、ちょっとワクワクする部分もありますね。その割に勉強していないんですが・・・

TOEICに出会っていなかったら今の自分は無いんでしょうね〜英語を今みたいにしっかりはやってなかっただろうと思います。870を取ってからTOEFLやろうと思いましたし、留学いけちゃうかも?と感じさせたのもTOEICのスコアです。

もちろん、SWがないTOEICだけでは判断できませんが周りの大学生の平均が470とか言ってる中で870でしたから。いけるじゃん!と思っちゃいますよね(笑)870取った時点で既に英語出来ねーな!と思ってましたけども。765を取った辺りが一番調子に乗っていたと思います。900取ったら結構世界変わるんだろうなと思いましたが、そんなに変わらないんだろうなと感じたんですね。

初めて受けたときに630で、900って凄いんだろうと思ってたんですよ。TOEIC900とか過大評価されてるじゃないですか。それもあって雲の上の存在だったんですね〜900点ホルダーが。でも全然ですよね。やってみて思います。

英検1級も以前ならものすごく出来る人という印象があって、英語聞いて話せる!ペラペラと思ってました。でもそうでもないですよね実際。あ、受かってから言えよっていう突っ込みは無しの方向で(笑)

上には上が居て英検1級とかTOEIC900っていうのは通過点に過ぎないんですよね。語学に終わりはないんだなぁと実感した出来事です。

だらだらと長文を書いてしまいましたが明日英検の合否なんですね。落ちてると思うんですが期待している自分が居る。なんか1点とか2点不足で落ちている気がするんですよね〜一番悔しいパターン。

まぁでも思ったより出来てたと採点して感じましたね。安心しました。例え落ちても思ったより出来てて実力自体は付いてるのかな?と感じたりしました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中