英検1級 1次の結果詳細とか色々(脱線しまくり)

こんにちは。こんな時間から更新です。実は学祭期間で連休なんですね〜学生ならではの特権です。ここ最近はゆっくり寝ても寝起き最悪だったりしたのですが、今日は比較的しっかり寝た上に自然と起きられたので気分好調です。腰は若干痛いですけど(笑)平日だし、TOEICの模試をときに図書館に行ってもいいなぁ・・・なんて思いますが、なんだか外出しないで家に居たい気分です。だから家でゆっくりと勉強でもしようかななんて思ってます。


さて、先日英語好き先輩のブログにコメントしたところ、

「もう英検の1次、詳細結果出てるから教えてね」

とのレスポンスを頂きました。へー。そうなんですね(笑)ということで早速チェックしたのですが、皆さんを裏切ります。

Wが一番出来ていなかったという事実。

スクリーンショット 2015-10-29 11.23.20

Readingはあの穴埋め3つしか間違えてなかったようですね。別に穴埋めって苦手意識無いんですけど、嫌いかもしれません(笑)穴開けてんじゃねーよって思います。

合格者のラインに乗っているのは語彙と読解だけという悲惨さ。Writingは何をやらかしたのだろうか(笑)先日載せたRe-Write Verは明らかに本番よりも出来が良いので、本番はもっと悲惨でしたね。スペルミスで落としているのか、文量が少なかったのか・・・

「まぁ、受かったから良いけどね!」

そういうことです。自分の目標は英検1級合格であって、高得点ではないのです(笑)いや、取れた方が嬉しいですけどね・・・久しぶりにTOEICやTOEFLのようにスコア制ではなく、合否のあるタイプの試験だったのでドキドキでしたね。やっぱり「○○点とれなかったー」と報告するよりも「英検落ちた〜」と報告する方が精神的にくるじゃないですか。とりあえず回避することが出来ましたけどね。

WritingのY/NでYesを選ぶなんて凄いと反応を頂きましたが、単にNoで展開させていくときに使用する表現、単語に不安があったからです。自分は四軒家先生のIntegratedタスクの型を使って冒頭で要約していくんですが、「あれ、要約どうしよう・・・良い感じに出来ないし単語の綴り自信ないわー」と思ったのでYesにしただけのことです。

実際にCan international terrorism ever be eliminated?と言われたらNoと答えると思いますし、仮にTOEFL Independentで出たとしても、Noで行きます。ただ今回は示されているポイントの範囲でエッセイを構築する必要があったのでYesで展開させていきました。本番も先日のRewriteレベルで書けていたら満点近く行ったんじゃないでしょうか。分からないですが。

また、NGOの話題についてですが完全に思いつきです(笑)こういう根拠を示すとエッセイがそれっぽくなります。説得力ましますし。まぁ実際にインターネットを使って教育格差を是正しようって言う動きは世界中で起こっていて、途上国の中でも山間部なんかで行われていたりするらしいですね。インターネットによって高度な教育を受ける機会が得られるようになったことは、大変素晴らしいことです。

実際自分もTOEFL教材はネットで注文したり、TEDを見たりしていて恩恵を享受しています。そういえば世界トップの大学、MITがインターネットで修士課程の授業を開講するようですね。もちろん選考はありますが、合格すれば1年間ネットで講義を受け、Essayや課題・テストをこなし、ラスト1年はキャンパスに通うというスタイルで学位が取得できるようです。これ、うまく使えれば日本に居ながら授業を受け、1年海外に行けばいいわけですからかなり良いんじゃないかななんて思います(笑)自分の能力で受かるのかは置いておいて、目標とするのはありですね。目標は常に高く!

MITのMBAも評価高いですしね〜。少なくとも日本のMBAよりは遥かに価値があります。日本版MBAなんて言ってますが、なぜまたガラパゴスにするんだと思います。日本でMBAとして評価機関から評価されているのは慶應と名古屋商科だけですが、自分はここでMBAをとろうとは思ってませんね。今は。慶應辺りだと社会人のために夜間開講で学位が取得できるようになっていますが、会社の理解がないと厳しそうとか思っちゃいます。補助もないだろうし。

個人的に日本は勉強ということを軽視する風潮がある気がします。大人になって学ぶということを奨励している企業は多くはないですし、修士や博士の学位も正当に評価されているとは言えませんしね。むしろ就職しにくかったりしますしね。

組織の多様性を大事にしているというなら色々な学位を持つ人間が居た方が多角的な意見が出ると思いますし、多角的なアプローチを可能とするために学位取得を奨励しても良いと思うんですけどね。そういう企業、少ないですよね。グローバル化のために英語英語!と叫ぶ意識から変えた方が良いと思います。難しいでしょうね。

脱線しすぎた。

正直眠いなか書いたにしてはそこそこ書けてるんじゃないかと思った自分が居ます(笑)なんだかWriting頑張ろうと思いました。TOEFL Writingの参考書と英検の英作テキスト、もう一週したくなりましたね。がんばろー

各設問詳細結果

スクリーンショット 2015-10-29 11.51.06

スクリーンショット 2015-10-29 11.51.18

Listeningは最後のイギリス人問題も完答でしたね・・・絶対に間違ってると思って印すら付けてなかったのに。とりあえず水やばいっしょ!っていうことが分かっていたのが救いだったのでしょうか?

こうしてみると差があるように見えますが、RLW大して差が無いと思いました(笑)拮抗しているというか。そういえば以前教授から

「kazuはSがあと5点伸びて20に乗れば全能力バランスが良いのにね〜(笑)それ以外は悪くないでしょ」

と言われました。確かにTOEFLのスコア上、いずれかの分野が突出して出来ているというわけでもなく、Sを除けば20ちょっとでバランスが良かったですね。まぁ、今の英語力はそのくらいと言うことですね。このブログの目標であるTOEFL100にはまだまだ遠い・・・

ブログを書いていたらポストに英検の結果が投函されていました(笑)昨日TOEFLの結果が郵送されていた?ので連続ですね。TOEFL異様に遅かったですね郵送。単にポストを見ていないからなのか←

いずれにせよ英語試験受けまくってますね〜こんなんだから「英語オタク」なんて言われるんですね〜別にそうは思ってないですし、「俺なんか英語できないから」と素で思ってますけどね。基準が高いんだとは思いますが。

気がつけば2次試験は来週ですね。本当に自信ないんですって〜TOEFL Speaking All Limitedですよ?15点ですよ15点。前回は14点です。もはや英語を話すことが出来ていない疑惑すらあります(´・ω・`) 単語だけ羅列してますレベル!

Ji○yさん「落ちるとか言って普通に受かってるから2次も受かるんでしょw」

とプレッシャーを与えられています。今回は筆記じゃないからリアルにやらかす可能性ありますよ。60点で合格とは言え取れる気がしない。今最も危惧しているのはConclusionを言えないまま終わってしまうこと。コレは避けたい。タイムマネジメント必須。とりあえずコミュ力を全開にして面接官を相手に頑張ります。うーん。うまく行く気がしない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中