今年の振り返りと辞書の話し

 

こんばんは。今回の更新が今年最後の更新になります。いつ更新をしようかと思っていたのですが、今日が一番いいかなぁと思ったので今日更新です(笑)

 

 

早いもので2016年も終わりですね。自分はまだ学生なので1年が終わる感じがあまりしません。日本の学生にとっては3月が大きな節目ですよね。就活開始やら卒業も3月ですし。ですが本当に1年が経つのが早いですね。去年の今頃は何をしていたのか?と思い返すと、実家に生活の基盤を戻して、迫り来る就活に対してもやもやしていました。自分の興味のあった業界の合同説明会の情報をゲットして応募してみたりしてましたね。それから早1年です。

 

この1年を振り返ると色々なことがあったと思います。特に就職活動は大きな出来事だったと思います。自分の場合思いっきり就活に傾倒したかというとそうではないんですけどね。ただ、就活を通して職を得るという以上に自分自身を見直すことが出来たと思いますね。自分の考え方や価値観がブラッシュアップされたというか、明確になったか?ってぐらいですけどね。

 

後は英語でしょうか。英語をやっていた印象が強いですね、やっぱり。C2メンバーらしく勉強してました。結果はTOEFL93と若干残念だったんですけどね。ただ、自分に足りないものが見えましたし、英語好きさんもおっしゃっていたのですが、 実力がすぐにテストの結果に表れるかというとそうでもないですからね。長い目で見ようと思います。次のTOEFLは5月にでも受けようかなと思っています。初めてTOEFLを受けてからちょうど2年くらいですね。そのときは100をしっかりと越えてGMATに繋げていきたいですね。

 

残り僅かな学生の期間ですが、授業も含めて充実させていこうと思います。もう授業が終わってしまうのか・・・と若干寂しいのですが、いつまでも大学生を続けるわけにもいかないので(笑)

 

来年4月から働き始めるわけですが、目的意識をしっかりともち、留学を実現させたいですね!邁進します!

 


 

ここからは辞書についてです。

クリスマスの日にAma○onを物色していたときに、ふと欲しい辞書があったことを思いだし思わず購入してしまいました。

それはOxford collocations dictionaryです。いわゆる連語辞典ですね。自分は電子辞書の追加コンテンツとして購入したのでそのほかにも英英と英英活用辞典も一緒に入手しました。電子辞書ではなく普通の紙の辞書と悩んだのですが、値段が変わらない上に電子辞書版は活用辞典も付いてきますから即電子辞書版にしました。確か紙の辞書はCD-ROMが付属していてPCに入れればPCでその辞書が使えるようになるのですが、自分はMacなので使えません(笑)まぁ勉強に使うのは電子辞書ですし、様々な辞書を横断検索しますし、発音も確認できるので電子辞書の方が自分は便利だと思います。軽いし。

ずっと買おうと思っていたら年末になってしまいました(笑)

 

どうして今回購入に至ったかというと、思っていたよりも手頃だったという現実的な問題に加えて、英語の運用力を高めたかったからです。運用力というと抽象的ですが、単語の選び方や修飾の方法、表現についてより深く知りたくなったからです。正直、コロケーション辞典は今まで欲しいしあったら便利だよな、くらいにしか思っていませんでした。自分が英文を書くときには類語辞典なり、英英辞典あるいは英和で事足りていたのです。しかし、Writingの授業を1年近く受け続けるうちに単語の選び方(特に前置詞)が分からないなぁと感じることが多くなりました。教授にも言いたいことは分かるけどネイティブはこういう言い方はしないなんて言われることもあり、自分の英語力をもっと高め、実際使われる英語に近づきたいなと思い購入しました。実際、日本人は文法は合っているけど言い方が変というような英文をよく書くそうですが、それはコロケーションを知らないという部分が大きく関係しているような気がします。英文を書くにしろ英語を話すにしろ、正しいコロケーションを知らないと自身の考えを相手に正確に伝えることが出来ませんし、相手に理解するために余分な努力を強いてしまいます。

Oxford collocation dictionaryの冒頭にはWhy is collocation important?という項目があります。そこには

A student who talks about strong rain may make himself or herself understood, but it requires more efforts on the part of the listener and ultimately creates a barrier to communication.

という文章がありました。自分はこの文章のコミュニケーションの障壁になると言うのがまさにそうだなと感じました。日本語でコミュニケーションをしても、コロケーションが正しくないと言いたいことは分からなくはないけれど、正確に把握することは出来ないし、積極的にコロケーションを取ろうという意欲を削いでしまうと思うんですよね。だからコロケーションを学ぶことは自分の意見を性格に伝えるためだけでなく、コロケーションそのものを円滑にするために必要なことだと思うわけです。この節にも書いてありますが、正しいコロケーションを使ったスピーチやライティングはネイティブライクだし、分かりやすいんですよね。上の例を日本語に当てはめると、英語でheavy rainと表現するからと言って、重い雨なんて言われたら、雨粒が大きいってことかな?沢山降ってるってことかな?と意味を正確に伝えられませんし、相手に理解するための努力を強いることになりますよね。そういうことです。

後は表現する際にどういう形容詞が使えるのか?というときに使えます。幅広いコロケーションを知っていれば、それだけ自分の意見を明確に伝えられます。同節の例文は以下の通りです。

This is a good book and contains a lot of interesting details.

This is a fascinating book and contains a wealth of historical detail.

 

これらの例文は文法と語彙の面から見ても正しいです。完璧な英文です。ですが、どちらが明確で分かりやすいでしょうか?当然後者ですよね。こういうところで差が出るのだと思います。

自分は単語の学習を継続していて、Writingでは意識的に同じ語彙の利用を避けるのですが、どうしても一定の範囲内の語彙に収まってしまいますし、新しい語彙を使ったときにその語彙に使う前置詞って何だろう?ってなるんですよね。前置詞自体はしっかり勉強をしたつもりなのですが、やはり日本語にはないですし、正確な前置詞を選べないこともまだまだ多いんです。これらの状況を改善するのにCollocation辞典はぴったりです。

上記の例文に合わせて、Bookで辞書を引いてみました。

まず見出し語検索をすると、

for reading

ADJ.

latest, new, recent, best-selling, forthcoming, hardcover…

 

VERB + BOOK

 

flip through~, look at, read, skim through…

 

BOOK + VERB

 

appear, come out

 

などなど出てきます。

 

Bookという単語をコロケーション検索すれば

noun adj

verb + noun

noun prep

などと表示され、

noun prepを選べば

about, onなどとBookと共に用いる前置詞が出てきます。

 

非常に便利です。文章を書いてる間にも、めっちゃ便利だな!なんて感心しています(笑)これでWritingやSpeakingと言ったアウトプットの質が上がっていくと思います。

 

アウトプットの質を上げたい方、表現バリエーションを増やしていきたい方にはオススメです。もっと早く買えば良かったと思っています。

 

こんなところでしょうか?本当は学習環境の話しとかいって文房具の話しもしようかと思ったのですが、やめておきます(笑)今回はコレで終わりです。

 

皆様、良いお年を!

 

広告

今年の振り返りと辞書の話し” への2件のフィードバック

  1. kazuさんこんばんは!
    リクエスト答えていただきありがとうございますm(__)m

    kazuさんのレビューを読むとこれはほしくなりますね…名詞と動詞の組み合わせとか出てくるとかなり便利だし、ずっと調べてるとこの組み合わせは違和感、っていうようなことがわかってきそうですね!ライディング力とか確実に伸びそうだし、ネイティブに感心される英文が書けそうですね。

    購入検討リストに入れておきます(^^)では年末年始、楽しんでください(^^)/

    いいね

  2. コメントありがとうございます!

    そうですね。自分でももっと早く買うべきだと感じました(笑)こういう勉強に対する投資は早くすればするほど、得られるリターンや恩恵を受ける期間が長くなるので買えるなら買ってしまいたいですよね。
    自分はあと2回ライティングのクラスがあるので思う存分、新しい辞書を使って行こうと思います。

    よいお年をお迎えください!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中