New Radicals

 

こんばんは。最近勉強のループが出来てきた気がするkazuです。

自己管理に欠けていた最近ですが、環境を変えることで少しずつ以前のペースを取り戻せていると感じます。

 

さて、今回は洋楽の紹介です。以前Gleeの曲を紹介したときにYou get what you giveを紹介したと思いますが、その本家のバンドです。

New Radicalsはアメリカのバンドで、活動期間は僅か3年!そしてアルバムもこれから紹介する”Maybe You’ve Been Brainwashed Too” のみリリースし解散してしまいます。

そんな彼らのアルバムですが、現在Amazonでは1円から買えます!(笑)自分も前から欲しかったので買ってしまいました。もちろんレンタルでもあると思うので探してみてください。

さて、いくつか良いなと思った曲を紹介します。

 

まずは彼らの代表曲、You get what you giveです。

 

 

You get what you give

与えた分しか得られないってことですね。

曲調と歌詞、非常にキャッチーな曲だと思います。未だに様々なアーティストによってカバーされる名曲です。

 

次はI don’t wanna die anymore

 

正直、このアルバムの中で一番好きです。本当はYou get what you give目当てで買ったのですが、良い意味で予想を裏切られました。失恋の曲なのですが(多分そうだと思う・・・)、曲後半の歌い方と歌詞が個人的にはたまりません。今後も聞き続ける曲になると思います。お勧め!是非聞いて欲しい!

 

3曲目はSomeday We’ll know

 

失恋ソングです。PVの感じも好きです。

失恋で世界が終わる・・・みたいな男の心情を歌ってます。最後は月まで行っちゃいます(笑)

歌詞として、固有名詞が出てくるのも良いですね。Chicagoとか実在の町が出てくるとリアルな感じです。曲はNinety miles outside Chicago. Can’t stop driving I don’t know why… と始まるのですが、意味も無く車を走らせている情景がリアルに思い浮かばされます。多分ちょっと古めのアメ車を煙草を吸いながら走らせているのだと思います(笑)

後は最後の

I bought a ticket to the end of the rainbow, I watched the stars crash in the sea.

という最後の歌詞が特に好きです。

 

最後はJehovah Made This Whole Joint For Youです。

 

 

Jehovahはヤハウェですね。旧約聖書に登場する唯一神です。

最初Jointってなんだ?と思って調べてみると、マリファナ・タバコというスラングらしいです。お前のためにマリファナを神は作ったんだぜ!ってことでしょうか。あんまり自信ないです(笑)ちなみにこの曲はバンドの中心メンバーであるGreggの母親がエホバの証人に改宗したことをきっかけに作られたとか。

そうするとJehovahはエホバの証人を指すのでしょうか?

ちなみにJehovah’s Witness でエホバの証人だそうです。そのまんま!

 

他にも良い曲が入ってますが紹介は以上です。

Youtubeでアルバム全て聞けちゃうので、もし興味がわいたら聞いてみてください。

 

では。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中